TEAM240情報

Windows 10でネット接続ができなくなる





WindowsUpdateの不具合でipアドレスが取得できなくなることがあります。

この場合
下記の記事のようにKB3206632をインストールすれば問題は解決するのですが、そもそもインターネットにつながらないため
KB3206632のインストールができません。

この場合ipアドレスが自動取得できないだけですので
ipアドレスを一時的に固定ipにしてKB3206632をインストールした後戻してください。

固定ipの設定方法は次のブログの方がいい解説をしてくれていますのでご参考にしてください。
https://www.akakagemaru.info/port/windows10-ipaddress.html

________________________________________
MS、一部の「Windows 10」マシンでネット接続ができなくなる問題に対処CNET Japan 12/15(木) 10:26配信

*

Microsoftは米国時間12月13日、一部の「Windows 10」PCがインターネットに接続できないという問題に対処するアップデート「KB3206632」をリリースした。この問題は、ローカルIPをルータから取得する要求が完了できないために発生するものであり、9日にリリースされたアップデートに起因すると考えられている。

Microsoftによると、この問題はCDPSvc(Connected Devices Platform Service)でのサービスのクラッシュによって引き起こされていたという。

同社の広報担当者は「一部の顧客から報告されていた接続性に関する問題は、12月13日にリリースした、自動的にインストールされるアップデートによって解決される」と述べている。

また同担当者は「このアップデートを入手するにはまず、タスクバーの(左にある)スタートボタンを選択し、電源ボタンをクリックした後、シャットダウンではなく再起動を選択してPCを再起動する必要があるかもしれない。追加情報については、サポートフォーラムの内容を参考にしてほしい」とも述べている。

今回の問題によって影響を受けた「Windows」ユーザーは多岐にわたっており、英国の大手インターネットサービスプロバイダー(ISP)であるPlusnetやVirgin Mediaには、9日のアップデートを適用した後にオンライン接続ができなくなったという苦情が寄せられていた。

デバイスにローカルIPアドレスを割り当てる際に、PCはルータからDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)情報を取得する必要がある。今回の問題は、CDPSvcのクラッシュによって、その処理が完了できなく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください